0

NEWS

レジャー施設や、商業施設、観光地向けに
「#tagto (タグト) 」を新たにリリース!!
2017.08.21

 株式会社SnSnapは、SNSフォトプリントサービス「#SnSnap」の長期常設モデル「#tagto(タグト)」を リリースしたことをご報告いたします。「#tagto」はメンテナンスの手間が少なく、操作方法もわかりやすい 無人運営可能なSNSフォトプリントサービスです。商業施設や観光地などの販売促進・集客を目的にご利用いただくことを想定しています。

■開発背景
 TwitterやInstagramなど様々なサービスが登場しSNS上での情報収集が一般化したことにより、 SNSを活用したプロモーションやマーケティングへの注目度が高まっています。 SnSnapはいち早くその需要に気付き、短期イベントの集客や企業・サービスのブランディングを目的に導入されることを想定し 「#SnSnap」を開発、2015年7月に正式リリースいたしました。
 「#SnSnap」リリース後、幅広い企業や団体から絶えずお問い合わせを頂き、 既に550件以上のイベントなどへサービスを提供しています。 一方で、無人運営が難しいことから商業施設などで常設したいとのご要望にはお応えできておりませんでした。 人々が日常的に多く訪れるレジャー施設や商業施設、観光地での常設を可能にすることで、 SNSフォトプリントサービスのさらなる導入機会の創出を目指し本サービスの開発に至りました。

■#tagtoの特徴
(1)サポートスタッフなしの無人運営が可能
「#SnSnap」はサービス案内や操作説明、用紙交換をサポートスタッフが行う有人運営形式でしたが、 「#tagto」はサービス案内及び操作説明のデモンストレーション動画を実装、証明写真機などに使われる 高耐久プリンターを採用する事でインクや用紙の交換頻度を減らし、長期間の無人運営を可能にいたしました。

(2)いつでも簡単にデザイン変更が可能
施設担当者がBODYのデザインやカードのデザインを自ら変更できるように設計いたしました。 変更は、「#tagto」の管理画面から約10秒で行えます。 例えば、ハロウィン限定のカードデザインからクリスマス限定のカードデザインへ入れ替えるといった シーズンごとのデザイン変更など、施策に合わせて自由に何度でも変更いただけます。

(3)移動や運搬が容易
「#tagto」にはキャスターが装備されているため、店舗内や施設内の移動や運搬が容易になりました。

■テスト導入の結果
 若者向けアパレルブランドの店舗と「ミニオン大脱走カフェ」@池袋パルコにてテスト導入を行いました。 ミニオン大脱走カフェでは各テーブルに「#tagto」の案内POPを配置し、カフェ中央の「#tagto」へ誘導。 無人運営のテストを行いました。その結果、SNS投稿が「#tagto」設置前の約3倍に向上しました。

■#tagtoのご紹介

 「#tagto」は店舗離れの解消や地域の活性化、インバウンド施策としてもご活用いただけます。 SnSnapでは、リアルの場におけるユーザー体験の向上とSNSを活用したデジタルプロモーションの支援に 今後も注力して参ります。